balance

京セラ CERAPHIC × ゴッホ展 プロモーション

京セラの新しいLED技術『CERAPHIC(セラフィック)』は、これまでの青白いLEDとは全く異なり、太陽光に近い光を再現することが可能です。
それは明るく照らすだけでなく、例えば「オランダの夕陽の光を再現」というカスタマイズも可能にします。
美術品に当てれば、これまで見れなかった表情やタッチ、筆跡までもが浮かぶように見せることができる。

これをヒントに上野の森美術館で開催された『ゴッホ展』の代表作にこの照明技術を取り込み、『技術協力』というかたちで新しい美術品の見せ方提示を、balanceと産経新聞社で企画実施しました。

『CERAPHIC(セラフィック)』で照らす展示は、絵の具の盛りや、ダイナミックな筆跡まで、改めてゴッホという作家の命を削ってまで描いた迫力のある作品を浮かび上がらせることに成功し、これまで美術館にLEDは不向きと言われていた事に一石を投じたプロモーションとなりました。

https://www.kyocera.co.jp/prdct/led-lighting/special/?topmain

展示と施工風景

WEBサイト

グラフィックツール

Client
京セラ
Producer
balance・産経新聞社
Planner
balance・産経新聞社
Creative Director
balance 島田智之
Art Director
balance 島田智之
Web Director
balance 古賀光弦
Designer
balance
Copywriter
c-dash 水谷秀明・Edit 大井あゆみ
Photographer
VENDO 遠藤正太・POP photography 石田ひろあき

Back to Index